人気ブログランキング |

遙かなる我がシャングリラ

♯6.1 飛騨古川の街はしっとりと濡れて 1 古川の町に入って、袖擦り合って去った人たち



♯2の飛騨高山シリーズの続編。

「袖すり合うも多生の縁」と言いますが、

    「写真撮るのも多生の縁」

いつか飛騨古川を再訪することは考えられません。
でも、写真にはちゃんと残されています。

    さまざまな人たちに出会いました。
    大切な人も沢山います。

でも、姿や容貌をしっかり記憶しているか?

    そう問われると、「記憶している」と答える自信はありません。

こんな風に考えてみますと、

    こうして写真に残しておけたこと自体、
    大したことなんだ、まさに多生の縁があるんだ、
    そう思いたくなります。




c0333134_172211.jpg
c0333134_175039.jpg
c0333134_173213.jpg
c0333134_17628.jpg
c0333134_164538.jpg
c0333134_174247.jpg
c0333134_16483.jpg
c0333134_16413.jpg

by Shangrila2014 | 2014-11-01 01:10 | 飛騨古川